合同誌『モナコミ』2号

クリックで画像を表示
公式ウェブサイトは、http://monacomi.net/ です。
12月30日のコミケットC87 火-東口44a(3日目)のブースでサークル「暗号通貨工房」として販売が行われます。50MONAか500円(後で100MONAのモナバック付き)で販売されました。また、2015年1月4日より、公式ウェブサイトより、デジタルデータ版がダウンロードできるようになっているので、お試しとして御覧いただくことができます。コミケットC87終了後の冊子販売は、当両替所での委託販売と、今後行われるモナーコインのイベントで行われる予定です。

2014年12月に行われるコミケットC87に向け、9月より『モナコミ』2号の企画が始まり、本誌には、漫画・イラストレーションのみならず、短歌集、モナーコイン関連のサービス、ソフトウェアの利用方法の記事が収録され、デジタルコンテンツ(楽曲、画像データなど)が収録されたCDが添付された形で制作されることになりました。詳細については、以下のリンク先でご覧ください。
AskMona( http://askmona.org/2258 )【冬コミ出展】Monacoin合同誌を作ろう!第二号

今回発行される『モナコミ』2号は、創刊号に引き続いて、国産暗号通貨・モナーコインをテーマとし、モナーコインによる寄付で制作費が賄われた貴重な合同誌です。200部制作されたうち、11月23日のモミケットでは44部が頒布され、11月26日から参加者・寄付者へ本誌が発送されています。コミケットC87では部販売されました。

 残り39部のうち、15部分の販売委託を当両替所がお受けして、販売を行うことになりました。コミケットでの本体販売価格50MONA(約150~200円)に梱包材・送料(ゆうメール300円など)を加えた500円で販売します。世界的に見ても、貴重な暗号通貨をモチーフや制作に用いて発行された合同誌(普通の雑誌を含めても珍しいのでは?)ですので、前向きに入手をご検討いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 現段階(5月30日)での販売価格は、以下の通りです。たびたび変更するので、実際に購入される時には、ご確認ください。
銀行振込(500円)、国産暗号通貨払い(35MONAか、
175000KUMAか、10500RINのいずれか)、国際暗号通貨払い(0.02BTCか、500XRPのいずれか)

(追記)発売の1月25日午前の段階では、160MONAで販売していましたが、26日午前からのモナーコイン急騰のため、1月27日21時に価格を100MONAに変更いたしました。その後更にモナーコインの相場が上がったため、3月10日段階では50MONAに変更し、その後30MONAに変更し
ました。既にお買い上げの方には申し訳ありませんが、ご了承いただきますよう、お願いいたします。


 2014年9月上旬に、12月に行われるコミケットC87に向けて、『モナコミ』2号の企画が打ち出され、参加者と寄付が呼びかけられました。その結果、31名の参加者と、モナーコイン15758.574MONA(71名)の寄付が集まりました。

『モナコミ』2号は、参加者による作品(漫画・イラスト・文章)を掲載した本誌、デジタルデータ(楽曲・画像データ)を収録したCDを含む合同誌の制作費用は、創刊号での繰り越し分を含めて全額寄付でまかなわれ、コミケットC87 3日目には、販売が行われました。

コミケットC87に先立ち、11月23日に行われる「モナーコインで遊ぶ会」主催のイベント、モミケット( http://momiket.monaist.net/ )で若干の先行販売が行われ、30部が販売されました。コミケットC87では、サークル「暗号通貨工房」として、3日目、火-東口44aのブースで販売が行われます。なお、モミケット、コミケットC87での販売が行われた後の残部は、Webでの販売委託(当両替所)、イベントでの頒布を予定しております。

 当両替所は、『モナコミ』創刊号では、ネット配布分29部中、13部の配布委託を受け、お申し込み頂いたお客様へ、送料をご負担いただいた後、お送りさせていただきました。今回の『モナコミ』2号については、制作グループからの販売委託の要請があり、前回に引き続いて、販売委託をお受け致しました。創刊号は3店共同での委託配布でしたが、モナコミ2号は、当両替所が販売委託をお受けしています。

Spot Ad

同人ダウンロードショップ DiGiket.com

同人ダウンロードショップ DiGiket.com 一般向週間ランキング

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク