2017/04/01両替業務の休止のお知らせ。

 2016年5月、日本での暗号通貨に対する法規制として、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案( http://www.fsa.go.jp/common/diet/190/01/shinkyuu.pdf )」(いわゆる暗号通貨法)が成立し、2017年4月1日に施行されることになりました。
 当両替所は、法の制定に伴う各種の規制がどのようになり、国産暗号通貨の交換・両替の活動が、法的にどのような規制があるのか、動向を見守ってきました。
 法成立後の動向を見ていくと、暗号通貨の交換を行なう業者(主に取引所)は、非常に厳しい条件をクリアした上での登録制となり、業界団体・日本仮想通貨事業者協会( http://cryptocurrency-association.org/ )に加入し、業界団体を通して、行政からの指導が行なわれる見通しとなりました。

 これらの情勢の変化を勘案し、個人事業者として暗号通貨を取引する業務を行なうことは、法的に問題となる可能性が出てきました。現在の業務を継続するうえで、法的に全く問題のない状態にするためには、資本金1千万円以上の法人を設立し、非常に厳格な基準によって適用する体制を作る必要があります。個人事業者でしかない当両替所には、こういった体制を作ることは不可能なことで、お客様に安心して取引していただける状態を継続することは、非常に難しくなりました。

本日、各種の仮想通貨に関わる法令が施行される
2017年4月1日をもって、当両替所は、各種暗号通貨間の両替業務を休止いたします。国産暗号通貨カタログを残しておきますし、国産暗号通貨の取引が行なわれている取引所へのリンクは残しておきます。(ただし、海外取引所での取引は、法的には何の保証がないので、自己責任でお願いいたします。)

 2014年5月の開業から、ご利用いただいたお客様のおかげで、2年10ヶ月続けてくることができました。ここで厚くお礼申し上げます。このたびの法令の施行により、現在の業態で活動を続けていくことができなくなりました。当両替所は、業務内容の見直しのため、当面休業させていただきます。今までの国産暗号通貨や暗号通貨関連グッズのカタログは残しておきますが、両替業務(現金での取引も含む)は行なえなくなるなりますので、ご了承ください。

 現在、暗号通貨建ての支払いができる商品や電子データの販売サイトとして、Japan SCrypt Tradeの再構築を検討しています。WooCommerceなどのショッピングサイト上で、暗号通貨での決済の部分で必要なソフトがあるかどうかを調査中です。ふたたび、暗号通貨の世界で、お客様の皆様と取引できる日を楽しみにしております。
 Japan SCrypt Trade 店主

Spot Ad

同人ダウンロードショップ DiGiket.com

同人ダウンロードショップ DiGiket.com 一般向週間ランキング

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク